全員で取り組むと効率が良い

ゴミを見つけた人が掃除する

誰でも使用できる掃除機を用意

室内でゴミを見つけたら、見つけた人が掃除するのが良い方法です。
誰かが掃除するというルールにすると、ずっとゴミが放置されて部屋が汚くなってしまいます。
子供でも、自分でゴミを見つけたら掃除できる環境を整えておきましょう。
子供に掃除させるためには、掃除機を軽いものにしてください、

重い掃除機は持っているだけで疲れるので、どんどん掃除に対するモチベーションが下がってしまいます。
軽い掃除機なら力の弱い子供でも扱えるので、進んで掃除してくれるでしょう。
自分が、気に入った掃除機を買うのではいけません。
みんなが使いやすいと感じる掃除機を購入してください。
コードレス掃除機は軽いので、誰でも気軽に使用できると思います。

どこに収納するかがポイント

せっかくコードレス掃除機を購入しても、取り出しにくいところに収納していたら掃除するのが面倒になります。
取り出しやすいところに、掃除機を収納してください。
モップなど、他の道具も同じです。
掃除することが面倒なら、掃除する回数を減らす努力をしましょう。
モップがついているスリッパを履いていると、歩くだけど踏ゴミを取ることができます。

家族みんなのスリッパをモップつきのものに変えれば、特に掃除をしなくても毎日部屋が綺麗になります。
便利が道具を使って、掃除する負担を削減してください。
トイレに行ったついでに他の部屋まで行ったり、2階に行ってゴミを取るように歩きましょう。
全員で、歩いてゴミを取ることを意識してください。


TOPへ戻る